• HOME
  • コンセプト
  • 治療の流れ
  • 院内ツアーアクセス
  • 院長を知る
  • チームメンバー紹介

虫歯の原因

甘いものを食べると虫歯になるっていわれるけど、どうして? きちんと歯みがきしていたのにどうして虫歯に……?虫歯になりやすい人となりにくい人がいるのはどうして?

虫歯の原因と進行のメカニズムは、しっかりと解明されています。さまざまな要因が関係して虫歯は発症しますが、基本的には次の4つの原因から起こります。

虫歯菌(ミュータンス菌)の存在 お口に残る糖分
虫歯の原因菌はミュータンス菌。多くは赤ちゃんのころに家族から感染します。その後、歯垢(プラーク)の中で棲息し続けます。 虫歯菌は、食後、お口の中に残った糖分を栄養源にして「酸」を出します。虫歯菌が出す「酸」が歯を溶かしていくことを虫歯といいます。
歯みがきするタイミング 弱い歯質
虫歯菌が活発に活動しはじめるのは、食後30分くらいからとされています。このときまでに、歯みがきでお口の中の食べかすや汚れ、歯垢を落としておくことが大切です。 もともとの体質や病気、薬の副作用などによって、歯質が弱い(弱くなっている)方がいます。歯質が弱いと、ミュータンス菌が出す酸に冒されやすくなります。

これらの原因をできるだけ小さくすることで、虫歯はきちんと予防することができます。具体的にはお口の中からミュータンス菌を減らすこと、糖分がお口に残ったままにしないこと、適切なタイミングでの歯みがき、歯質強化など、さまざまな方法があります。予防歯科では、虫歯をできるだけ作らない処置を行っています。ご自身のセルフケアでは行き届かない部分もありますので、ぜひお口の専門家にお任せください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0【ごく初期の虫歯】ごく初期の虫歯 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1【エナメル質の虫歯】エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2【象牙質の虫歯】象牙質の虫歯 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3【神経まで達した虫歯】神経まで達した虫歯 神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4【歯根まで達した虫歯】歯根まで達した虫歯 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

進行した虫歯を治す方法(根管治療)

神経 虫歯は進行すると、歯の内部にある神経や血管が入っている歯髄(しずい)の中まで感染してしまいます。こうなると、抜歯が必要になってきますが、たった1本の抜歯によって、歯列や咬み合わせのバランスが大きく崩れてしまうこともあるため、できれば避けたいところです。

そこで、ご自身の歯をできるだけ残す「根管治療」が重要な役割を果たします。根管治療では、ミュータンス菌に冒された歯質を削るだけでなく、根管内の感染した歯髄を取り除きます。そして根管内部をしっかり洗浄・消毒し薬剤を詰めて密封することで、虫歯の進行を止め、歯を残すことができるのです。

根管治療の流れ
  • STEP1.根管内部の感染した歯髄を除去します。

  • STEP1根管内部の感染した歯髄を除去します。
  • 矢印

  • STEP2.根管内部の形を整え、深さを測定します。

  • STEP2根管内部の形を整え、深さを測定します。
  • 矢印

  • STEP3.根管内部を拡大し、洗浄します。

  • STEP3根管内部を拡大し、洗浄します。
  • 矢印

  • STEP4.根管内に薬剤を隙間なく詰めます。

  • STEP4根管内に薬剤を隙間なく詰めます。
  • 矢印

  • STEP5.歯の土台となる部分(コア)を入れます。

  • STEP5歯の土台となる部分(コア)を入れます。
  • 矢印

  • STEP6.被せ物(クラウン)を被せて完成です。

  • STEP6被せ物(クラウン)を被せて完成です。

一度削った歯質は二度ともとには戻りません。虫歯になる前に予防しましょう。

歯ぐきから血が出る・グラグラする~歯周病~

歯がグラグラする……歯ぐきが腫れてきたような感じがする。顎の骨が溶けているといわれた……!

歯周病 歯周病は歯周病菌によるお口の感染症。歯周病菌は虫歯の原因菌と同じく、歯垢(プラーク)内部に棲みつき、歯ぐきに炎症を起こします。進行すると顎の骨まで溶かし、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。歯周病はかなりひどくなるまで自覚症状があらわれにくいため、気づいたころには手遅れになっていることもあります。

実は、日本人の成人のうち約8割が感染している(もしくは予備軍)とされている歯周病。日本人が歯を失う理由の第一位でもあるのです。たとえば、年をとると歯を失って入れ歯などの治療が必要になるケースが大半ですが、その原因のほとんどは歯周病によるもの。あなたも歯周病予備軍かもしれません。お口に異変を感じたら、できるだけ早く当院へご相談ください。

ご存知ですか?歯周病が体に与える影響

歯周病菌が体内を巡ることで、身体全体にトラブルを引き起こすことがあります。命に関わる重篤な疾患の原因となることもあるので、注意が必要です。

歯周病が原因とされる全身トラブル
心疾患・脳血管障害 糖尿病
歯周病菌が血液の流れに乗ってしまうと、血管内で血栓を作りやすくなってしまいます。それにより、心臓病や動脈硬化、心内膜症などの心疾患、脳血管障害などを引き起こすことがわかってきています。 歯周病と糖尿病は相関関係にあり、歯周病にかかると糖尿病が引き起こされ、また、糖尿病があると免疫力の低下から歯周病が引き起こされるといわれています。
肺炎 早産・低体重児出産
歯周病菌が誤って気管内に入り込み、炎症を起こすと、細菌性の肺炎になります。高齢者の誤嚥性肺炎などは歯周病菌が原因だとされています。 歯周病の妊婦さんは、そうでない場合と比較して約7倍の確率で、早産・低体重児出産のリスクを抱えています。歯周病菌が、陣痛にも似た筋肉の収縮を引き起こすためだといわれています。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎歯肉炎 歯ぐきに炎症が起きている状態。歯みがきの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎軽度歯周炎 顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、歯みがきの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎中等度歯周炎 顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎重度歯周炎 顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

検査方法と治療方法

歯周病検査
歯周ポケット検査歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病治療
歯みがき指導歯みがき指導 おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリングスケーリング 比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着した歯垢(プラーク)や歯石を除去します。
ルートプレーニングルートプレーニング スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いた歯垢や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術歯周ポケット掻爬(そうは)術 軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術フラップ手術 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

歯周病は日々の予防で防ぐことができます。健康な口腔内環境を維持するためにも予防歯科をご利用ください。

PICKUP

  • ヘルスプロモーション
  • トリートメントコーディネーター
  • カムカムクラブ
  • 当院の予防サロンについての案内はこちら!
  • 定期検診・メンテナンス 患者様の声!

お悩み別コンテンツ

  • 子供の歯について知りたい~小児歯科~
  • 虫歯や歯周病になりたくない~予防歯科~
  • 歯が痛い・しみる~虫歯治療~
  • 歯ぐきから血が出る グラグラする~歯周病~
  • 銀歯が気になる 歯を白くしたい~審美歯科・ホワイトニング~
  • 歯並びをきれいにしたい~矯正歯科~
  • 入れ歯が合わない・壊れた~義歯~

インプラントを検討している方へ

高峰歯科医院で働いてみませんか?スタッフ募集中

初診Web予約のご案内